こども英語コラム

幼児英語教育の重要性と知っておくべきデメリット

近年特に幼児の早期英語教育が注目されていますが、始める前にその重要性やデメリットについても知っておく事で今後メリットを生かして英語学習ができます。

  • なぜ早期英語教育が重要なのか
  • なぜ早期英語教育がダメと言われているのか

専門家の論文も一緒に抜粋して解説していきます。

この記事は

  • これから英語教育を始めようとしている人
  • 早期英語教育をする事に迷っている人

に向けた内容ですので参考になれば幸いです。

 

幼児英語教育は無駄なのか早期教育の必要性

言語の習得は言葉を話し始める前にスタートするのが良いと言われており、現在学校現場では英語がかなり重要な位置になってきています。

ある程度大きくなってから英語学習を始めてもバイリンガルになるのは難しいですし、他の教科にも時間を使わなければならない為、小さいうちに始められるという事で家庭で英語教材を使う人が増えてきました。

現在の小学校の英語教育

今まで小学校の英語教育は5,6年生からスタートだったのが、2020年からは3,4年生から英語に触れるカリキュラムに変わりました。

例:朝の会で英語での挨拶が行われたり、ダンスや歌などの活動型学習です。

3,4年生からの英語は正式な教科ではないので成績などは特につきませんが5,6年生からは正式科目になります。

また中学校では授業中オールイングリッシュで進められるようになり、文部科学省が作成した教材を使用しますので、小学校での英語学習がかなり重要なものになってきます。

言語の混乱は絶対に起きない

2言語習得する際、言語に関しては脳内回路が全く異なるので混乱する事はまずありえません。

英語と日本語それぞれ脳内にコップがあり、言葉のシャワーを浴びることによって満タンになった時に声に出す様になります。

現に海外では、家庭内で複数の言語が飛び交っていますが子供は混乱する事なくそれぞれ話せる様になっています。

また、英語を話始めるには約2,000時間のインプットが必要であるため、時間の取れる幼少期を有効に使う事のが効果的です。

例:2,000時間となると、約0歳~6歳まで毎日英語を数時間聞かせる必要があり、中学生頃から週1で英会話に通った場合、2,000時間に到達するのが50歳過ぎです。

注意

2言語それぞれ習得していくため、翻訳をする力は身につきません。

大人になってから言語学習をする場合は別ですが、幼少期に習得する場合はバイリンガルになりますが各言語の結びつきがないため翻訳をする際はまた別でトレーニングが必要になります。

言語習得はゴールデンエイジがおすすめ

早期英語教育は早い人は妊娠中から始めます。

まず重要なのは喋り始める前に始めるという事。

0~3歳までの脳はゴールデンエイジと言われており、脳の発達は3歳までにすごいスピードで進みます。

英語と日本語の2か国語の音数には大きな差があり、日本語は108音に対して英語は1,808音もあります。

赤ちゃんは喃語(なんご)から覚え始め、徐々に日本語の108音に当てはめます。

その為、喃語のうちに言語をインプットさせ日本語脳と英語脳を確立しておく事が重要です。

※3歳から始めても遅くはないかもしれませんが、既に日本語を話せる状態だと、お気に入りのテレビアニメがあったり理解できない英語のアニメは当然見ない為、英語学習自体嫌がる様になる子もいます。

継続しなければ無駄になる

子供はすぐに覚えますが、同じ様にすぐに忘れてしまいます。

早期英語教育を始めても小学生で学校の英語が始まるまでは続けて行かないと無駄になる可能性があります。

具体的にどの程度のレベルで続ければいいのでしょうか。

英語を忘れずに維持するには「読解力」がついていれば良いと言われています。

音だけで覚えている事は忘れやすいですが、文字として読めるレベルになると英語脳が出来上がっていて忘れにくくなります。

そのレベルが大体英検準2級程度なのでそこを目標にして勉強していけば無駄になる事はないでしょう。

小学校中学校に入ってしまったらある程度自分の意思で続ける必要がありますが、そこの段階で得意教科になっていれば自信にも繋がるし、継続するモチベーションにもなるのでそれまでは親の努力が必要不可欠になってきます。

早期の英語学習が子どもに与える影響

良い影響

・英語脳と英語耳が発達する
・右脳の発達が促される
・英語への抵抗がなくなる

英語脳と英語耳に関しては言葉を発する前に始めないと確立できません。

また、早期英語学習をする事で右脳の発達が促されるのも良い影響です。

一般的に左脳は論理的思考に使われ、右脳はより感覚的な物に使われます。

3歳までは、特に右脳が優位に働くためこの時期に右脳教育をしっかりと行うことが重要だといわれています。

悪い影響

・論理的思考能力が未発達になる
・日本人としての常識やアイデンティティを失う 

言語というのは論理的に思考するのに大切ですが、この2つの言語が未熟のままだと、論理的思考力が未発達のままとなります。

日本語学習を疎かにすると起こりうる問題ですが、「日本語の夫婦の元」又は「片方が日本語を話す家庭」に産まれた子供の場合、日本語に触れる時間が不足する事はないので心配する必要はありません。

また日本人としてのアイデンティティや常識を失うというのも一切日本語に触れない環境を作らないと起こらないので気にしなくて大丈夫です。

 

幼児英語教育・自宅でやる方法

自宅でできる無料の英語教育の代表的なものはYoutubeです。

海外の子供用アニメをずっとかけ流ししたり、アプリで英語での絵本の読み聞かせをしてくれる物等沢山あります。

Youtubeでおすすめのチャンネル

この2つは定番で日本語版もありますが、jojoの方は赤ちゃんの日常を歌に乗せて紹介していくので英語だけでなく知育にもなりますし、歌なので小さい子供でも楽しく見る事ができます。

有料の英語学習法はこんな人におすすめ

  • 何から始めたらいいのかわからない人
  • 目標を持って英語学習をさせたい人
  • 様々な教材を自分で選んでカスタマイズできない人

有料の教材であれば既にやるべきDVD、CD、単語カードが含まれており、大体の教材が親へのサポートもあるので、やる気さえあれば親がバイリンガルでなくても使いこなせます。

中でもこの記事で述べている「早期英語教育」「2,000時間のインプット」を推奨している教材の中でも特にボリュームの多い「ディズニー英語システム」は人気が高く、私も実際に使っていておすすめです。

 

幼児英語教育のメリットとデメリット

メリット

・発音が綺麗になる
・学校の授業についていける
・英語脳や英語耳が身に付く

デメリット

・親の努力が必須
・お金と時間がかかる

数あるデメリットの中で本当に脳に危険性があるのか、子供の成長に問題が起きるのかについては極論が多いのでデメリットとしませんでした。

大切な事は「家庭で日本語に触れさせる時間を作り、日本語を遮断しない」という事です。

そこに気を付けていればまず悪影響はないので、デメリットと言えばコストと時間がかかる事くらいだと思ってください。

 

幼児英語教育についての論文で紹介されている内容

上でも述べた通り論理的思考未発達になるという部分ですが「日本語で論理的思考ができない人は英語での論理的思考もできない」というノーベル化学賞受賞者の白川英樹先生の意見もあります。

実際に東大出身の親に限っては「早期英語教育の優先順位が低い」と解説しています。

つまり、何を取るかで必要か必要でないかは変わります。

大学を出るまでの22年の間、大事な教科は他にも沢山ある為そこで早期英語教育に関しての優先順位は低いという話です。

もっと違う部分を伸ばした方がいいと言う意見はありますが、それが脳に悪影響ということではないです。

実際に将来的に海外で暮らす事を前提とした場合は例外で、早期英語教育をすれば英語が思考の言語になるため、まったく問題ないと言われています。

 

幼児英語教育についてのまとめ

この記事で述べた事を完結にまとめると

  • 学校現場で英語が必要とされる様に変わった
  • 日本語の時間も取れば英語学習において問題はない
  • 継続は読解力が身に付くまでやらないと無駄になる
  • 早期英語教育をすることで脳へのメリットは多く、デメリットはコストや時間がかかる事

という内容でした。

反対派の人の意見では凄く簡単に言うと「英語より他の部分を伸ばした方がいいよ」という話でした。

子供に東大に行かせたいのであれば確かに他の部分を伸ばす方が良いのかもしれませんが、特に幼児の間にそういう目標がないのであれば今できる事として言語学習の時間に充てるのは効果的だと言えます。

-こども英語コラム