未分類

子供向けの英語本のおすすめを用途別で紹介

子供向けの英語本を使って小さいうちから英語に触れさせたい人の為に、用途別でおすすめの絵本や教材を紹介しています。

実際に使っている絵本も写真付きで紹介していきます。

幼児だったら仕掛け絵本や音の出る物、知育系がおすすめですが、大きくなったらストーリー性のあるものや、考え方によって解釈が変わる様な少し難しい話もおすすめです。

子供におすすめの英語絵本や教材の一覧

この記事で紹介していく本の名前ですので、各見出しで詳しく説明していきます。

用途内容絵本や教材の名前
幼児におすすめの英語絵本と教材・はじめてのえいごのおうた
・おしっこ おしっこ どこでする?
・こどもずかん(英語つき)
(おまけ)DWEの絵本
子供(中級者)におすすめの英語絵本 ・Room on the Broom
・The Polar Express(クリスマスに読む本)
・A Bad Case of Stripes
(おまけ)Storyline Online オンライン無料読み聞かせ
まとめ買いにおすすめの英語絵本・Where's Spot?
・Oxford Reading Treeシリーズ
・HarperCollinsのI Can Read!
本屋で手に入るおすすめの英語絵本と教材・ペンがおしゃべり! ベビー&キッズ えいご絵じてん
・The Hot Book 2nd Edition かいわ
・Good Evening Mr.Moon
Amazonで人気の英語絵本・The Giving Tree (Rise and Shine)
・Where the Wild Things Are
・Love You Forever
英単語が身に付くおすすめの英語絵本・はじめてのさがしておぼえるえいごのことば 単行本
・ディズニー イラストでおぼえる1000のことば ~英語のバイリンガル表記&クイズつき 単行本
・新レインボー はじめて英語図鑑 CDつき オールカラー 単行本
ディズニーの英語版絵本は特に人気でおすすめ・ディズニーのまんが絵本
・Frozen Read-Along Storybook and CD(アナと雪の女王)
・えいごでよむディズニーえほん 朗読QRコード付き (全10)

 

幼児におすすめの英語絵本と教材

幼児におすすめの本は知育や音が出るものがおすすめです。

長文はまだ赤ちゃんには難しいので、短文や図鑑などを選ぶと使いやすいでしょう。

又、あかちゃんだと破ったり折ったりする可能性もあるので厚い紙の絵本を選ぶのがおすすめです。

はじめてのえいごのおうた

この本は赤ちゃんが好きそうなボタンを押して曲が流れる本です。

読み聞かせというよりも曲と歌詞のみです。

中はボタンと歌詞のページがあるので曲を流しながらそのページを開くという感じです。

短い曲が多いので赤ちゃんが飽きる事なく使いやすかったですし、1歳近くなってくるとボタンが押したくなってくるのでしょっちゅう押して流していました。

2歳の子でもこちらは定期的に鳴らしに行くくらいお気に入りの本です。

おしっこ おしっこ どこでする?

こちらは簡単な英文で読み聞かせもしやすく、内容も知育に役立つ物なので使いやすいです。

うちではこの本をトイトレに使っています。

日常でも使いやすい英単語(オムツやトイレ等)が沢山出てくるので普段から子供にも使えます。

日本語の表記もあるので日本語での読み聞かせも可能です。

絵も可愛いし、カラフルなので子供もお気に入りの1冊で、お風呂やねんねのシリーズもあるので揃えても良い感じです。

こどもずかん(英語つき)

必ず買うであろう子供図鑑。

大人も勉強になりますし本自体が丈夫なので子供に折られる事もなく遊べています。

日本語も表記があるので同時に教える事ができますし、ジャンルごとに探しやすくなっていてとっても可愛いです。

(おまけ)DWEの絵本

教材のおまけの様な感じで付いてきた絵本で、簡単な単語などが載っています。

これはAmazonなどでは購入できないですがDWEユーザーになればゲットできます。

サイズも手のひらサイズなので持ち運びも便利です。

 

子供(中級者)におすすめの英語絵本

少し英語がわかってきたら長めの文章に挑戦してみましょう。

しかし親が読んであげるのが難しい場合はCDが付いている物を選びましょう。

Room on the Broom

この本は魔女とネコが箒に乗って楽しく飛んでいた所、嵐にあって魔女の帽子とリボンと魔法の杖が飛ばされてしまい、動物たちが見つけてくれるという話です。

少し難易度が高いのですがCDも一緒に買えば読み聞かせに使えるので小学生くらいになると使いこなせるでしょう。

この作者のシリーズ(Gruffaloなど)は、英語の韻を踏んだ文章がリズミカルで楽しい本が多いので他の作品もおすすめです。

The Polar Express(クリスマスに読む本)

クリスマスの時期に読まれる定番の絵本です。

文章も長いので中級者むけですが、別売りでCDも購入できるので聞き流しにも使えます。

内容はクリスマスイブの夜中、サンタクロースの存在を信じる少年の家にSL列車がやってきて…。

イラストがとてもきれいなので大人も楽しめる内容になっています。

1986年に絵本界で最も名誉あるカルデコット賞を受賞している本です。

A Bad Case of Stripes

人と違うことを恐れ、自分の本当の気持ちを押し殺している少女カミーラの体に、ある日突然得体の知れない病気になってしまいます。

ストライプになったり、水玉やアメリカンフラックなど等になり、しまいには足に枝が生えてきたり、壁になってしまったりします。

「個性」「自尊心」「他人の視線」といったことについて考えさせられます。

彼女は最後にははっきりと主張し、そして自分に自信を持つことがどんなに幸せで誇らしいことであるかを教えてくれます。

(おまけ)Storyline Online オンライン無料読み聞かせ

Storyline Onlineはオンラインで無料の読み聞かせを集めたサイトです。

親が読んであげるのは難しい人でもネイティブの発音で聞かせることができます。

絵本は安くないので、こういった無料の物も併用するのがおすすめです。

 

まとめ買いにおすすめの英語絵本

気に入った絵本のシリーズをまとめ買いするのもおすすめです。

うちでは最初に紹介するspotのシリーズがお気に入りで毎日読んでいます。

Where's Spot?

この本は日本語版もあって、「コロちゃんはどこ?」というタイトルで販売されています。

英語版だと犬の名前はSpot(スポット)という名で、この犬が色んなものを探したりする内容の仕掛け絵本です。

扉を開けたり、ピアノの蓋を開けたり色々な場所を母犬のサリーと一緒に探していく内容で、仕掛け絵本なので子供の食いつきは抜群。

英語も簡単な文なのでわからない単語だけ調べれば親も読み聞かせが可能です。

全世界での販売数は6,000万部以上で、現在60カ国語の言語に翻訳されている人気の絵本です。

シリーズ化されていて他にも沢山あって、ざっと探しただけでも14種類以上はありました。

私が子供に通わせている英会話教室の幼児クラスでも毎回使われている絵本です。

※この写真は「Spot Bakes a Cake」の中身です。

Oxford Reading Treeシリーズ

このシリーズは小学校や幼稚園向けのカリキュラムでよく使われている本です。

幼稚園と小学校に通う子ども達と、パパママ、ペット、家族の話なので分かりやすいです。

このシリーズは300冊以上(国内販売は約200冊)あり、ネイティブの子供用に作られた「Leveled readers」という小さな子どもでも読みやすいようにレベル分けされたものです。

又、音声CDがセットになっている物もあるので、読み聞かせに自信がない人でも使えます。

内容も面白いので子供も楽しく読むことができます。

HarperCollinsのI Can Read!

I Can Read! はHarperCollins社による絵本シリーズで、初心者からレベル別5段階で少しずつ難しい物を選択できます。

My First…英語の絵本を初めて読む子
Level 1…単語や文が読める子
Level 2…ほぼ1人で絵本が読める子
Level 3…完全に1人で読める子
Level 4…絵本の次のレベルへの練習になる難易度

この絵本はI can readのシリーズ以外にも10種類以上あるので好きなシリーズを選ぶことが可能です。

中には学校で教材として使われているものもあります。

 

本屋で手に入るおすすめの英語絵本と教材

ネットだけでなく本屋にも沢山英語教材が売っています。

その中でも根強い人気の教材を紹介します。

ペンがおしゃべり! ベビー&キッズ えいご絵じてん

絵をタッチするだけで、「音声ペン」がネイティブの発音で単語やフレーズを教えてくれる「音のでる」英語絵辞典です。

対象年齢は0歳~小学校低学年まで長く使える教材ですが、大体2,3歳の子にすごくハマる内容です。

ここで紹介しているのは500&22songですが、他にも800というボリュームの物もあるので選べます。

10,000円程しますが、非常に人気の教材ですので是非本屋で見てみて下さい。

The Hot Book 2nd Edition かいわ

幼児の言語習得段階を研究し、開発された幼児用教材3作シリーズのうちの1つです。

「うた」編では、幼児期に適しているとされる「英語音声の獲得」をサポートし、「かいわ」編では幼児期の子どもが日常で使う表現を学ぶことができます。

「アルファベット」編は様々なアクティビティを通して楽しくアルファベットが学べます。

2ndエディションでは、スティッカーと別冊ワーク(アルファベット編では別冊カードブック)がつき、生活の中で使う驚きや感動を表現する表現を体を使ってまねっこしながら覚えます。

新バージョンは、会話表現やシール付ワークがセットになりました。

Good Evening Mr.Moon

長く愛されてきた絵本『おつきさまこんばんは』の英語版です。

米国出身で日本文学研究者のロバート キャンベル氏が、原文の味わいを大切にしながら訳しています。

静かな夜、屋根の上の空がだんだん明るくなって、金色に輝くまんまるのおつきさまがのぼりました。

Good evening, Mr.Moon(おつきさまこんばんは). そこに、黒い雲がやってきて……。

こちらは日本語版を持っていますが、絵も綺麗ですし、この絵本で子供は月を覚えました。

この様な日本語で人気の絵本は書店でも英語版が売っている事が多いのでおすすめです。

 

Amazonで人気の英語絵本

Amazonからのオススメではなく、レビューの評価数で人気の物を紹介します。

The Giving Tree (Rise and Shine)

この本は名作で有名な本で、日本語にも訳されています。

日本語訳を持っている人でも、原作を読みたくて英語版を再度購入する人もいるくらい感動する絵本です。

難易度は中学英語程度で読めるので是非原作で読むのがおすすめです。

ハードカバーではありますが、中の紙はかなり薄いのであまり赤ちゃんには触らせない方がいいです。

絵本の内容は、幼い男の子が成長し、老人になるまで、温かく見守り続ける1本の木。

木は自分の全てを彼に与えてしまいますが、それでも木は幸せでした。

無償の愛が心にしみる絵本です。

Where the Wild Things Are

映画「かいじゅうたちのいるところ」にもなっていて、絵のタッチと色使いが魅力的な絵本です。

コルデコット賞を受賞し、世界中の子供達を惹きつけてやまないセンダックの代表作。

子どもの内面のドラマをみごとに描いて、今世紀最高の絵本といわれています。

主人公のマックスはオオカミの着ぐるみを着てやったいたずらの罰に、夕食ぬきで寝室へ追いやられます。

ところが部屋はいつの間にか森になり、マックスはそこで思う存分あばれ、遊びはじめ、怪獣の国に入り込んでいくお話です。

Love You Forever

全米で1200万人の母親が泣いた、ロングセラー絵本。

息子のいたずらにうんざりして「もういらないわ」と思ってしまう事があっても、お母さんは夜になると寝ている我が子を抱きしめて「ずっと愛している」と囁きます。

そして息子は成長して自立しお母さんは年老いていき、母親の子供に対する無限の愛ばかりでなく、命や愛情が受け継がれていくという温かい内容です。

親であれば感動しますし、子供は親からの愛を感じる事ができる絵本です。

 

英単語が身に付くおすすめの英語絵本

英単語を学べる絵本は図鑑タイプが多いです。

勿論、物によって扱う単語が違うので、日常で使いやすい単語が載っている物を探すとアウトプットしやしいのでおすすめです。

はじめてのさがしておぼえるえいごのことば (英単語辞書の代わりに)

掲載単語は700以上で、子供達に身近な場所やシーンを描いたイラストの中からことばを探しながら自然に英単語を覚えていく知育絵本です。

ネイティブの発音による音声データを、QRコードからアクセスして確認できます。

身近な物で学べる内容になっているので自宅でアウトプットしやすくおすすめです。

ディズニー イラストでおぼえる1000のことば ~英語のバイリンガル表記&クイズつき 単行本

生活の場面ごとにキャラクターが登場し、身の回りの言葉を紹介しています。

紹介する言葉は全部で1000単語でもちろんすべてにイラスト付きです。

英語と発音カタカナつきなので読み方がわからない物もわかりやすいですし、amazonでも人気の英単語絵本で、イラストもとってもかわいいと好評です。

新レインボー はじめて英語図鑑 CDつき オールカラー 単行本

小学校での英語授業に必要な単語と会話表現を約2,300項目学べます。

基本的な英単語と英会話はこの本でマスターできます。

収録語の音声が聞けるCDが2枚ついているので正しい発音を聞いて確認できます。

イラストの中には迷路や絵さがしなどもついているので子供も楽しく取り組めます。

 

ディズニーの英語版絵本は特に人気でおすすめ

ディズニーは日本語版で内容を知っている人もいるので英語版にしても理解がしやすいのでおすすめです。

簡単な内容が多いので小さい子供でも楽しめます。

ディズニーのまんが絵本

こちらは英文が少しながくなるので子供が大きくなったら使えそうな本です。

見た目が凄く可愛いので本棚に並べてインテリアにも映えます。

日本語の記載もあるので英語で読める様になるまでは日本語で使いましょう。

Frozen Read-Along Storybook and CD(アナと雪の女王)

こちらはCD(10分程度)にそって読むことができるディズニーの絵本です。

ページをめくるタイミングで「シャラーン」と音を出して教えてくれるので、全く英語ができない人でも使えます。

他にもいろいろなストーリーがあり、難しければ本編を日本語で観た後に聞くと子供も理解しやすくおすすめです。

えいごでよむディズニーえほん 朗読QRコード付き (全10)

ディズニーの人気ストーリーで英語に触れる事ができます。

アメリカで幼児・児童の英語読解力を高めるために長年刊行されているディズニー絵本シリーズ。

大きなアルファベット、簡潔な文章、イラストで構成、なるべく自然に英語に触れられるよう日本語翻訳はありません。

各巻に、ネイティブによる朗読を聞けるQRコード付きなので使いやすいです。

 

子供向けのおすすめ英語本まとめ

幼児には知育をまぜた内容にすると子供も興味をもつし、日常でアウトプットしやすいのでおすすめですが、ある程度大きくなって小学生であればストーリー性がある物を選ぶと良いでしょう。

また、確実に英語を身に付けたいのであればシリーズの物を購入してレベルを上げていく方法がおすすめです。

-未分類