ディズニー英語システム

DWEのトークアロングカードは1枚で複数の文章が録音されている

DWEのトークアロングカードは購入してからみんなが毎日使えるアイテムの1つで、色んな機能が付いている優れものです。

会員であれば保証対象教材なのでガンガン子供に使わせる事ができます。

トークアロングカードは1枚に1文ではなく、1枚に3通り含まれているカードもあるので1度に1回しか流していない人は是非試してみてほしいです!

ここではトークアロングカードとはどんな内容なのか、どんな風に使っているのかについて紹介します。

 

トークアロングカードの内容や機能

主な内容

  • 510枚のカード(3000以上のフレーズ含む)
  • 再生機本体
  • 専用マイク
  • 充電器
  • マジックスクリーン(赤・緑)

主な機能

  • カードの読み上げ
  • 録音と再生機能

音量も変えれるのでマンションなんかでも気にならずに使えますよ!

 

日常での使い方とオーディオCAPの録音に使う方法

1日5枚、おやつの時間か朝ごはんの時間に流しています。

カードを通すと単語に続いて文章を読み上げてくれます。

これは何回通しても同じ文章のカードもあれば、複数違う言い方が入っている物もあるので私は1枚のカードを3回ずつ通すようにしています。

実はこれオーディオCAP(DWE独自の試験制度)にも役に立ちます。

再生機の録音モードにしてからカードを通してそれに続いて子供にも単語を喋ってもらったら録音完了。

ちなみにパパやママの日常の声が入っていても子供の声がちゃんと録音されていればOKです。

なかなか「今から録音するからこの単語言ってね」とやると緊張しちゃってできなかったりするので、これは便利な方法です。

 

TACのGOODポイント

GOOD

  1. カードに複数の文章が入っているカードがある
  2. 小さい子が途中でカードを引き抜いても最後まで流れる

勿論単語数も多いし内容は満足しているのですが、私はこの機能的な部分にもすごいと思いました。

あまりピンとこないかもしれませんが、私が幼少期にやっていた英語の教材に同じ様なカードを通すものがあったのですが、それはカードを途中で引き抜くと音声が切れてしまったり、カードを勢いよく通すと早送りの様になってしまったりする物でした。

意外とあの流れているカードを触らずにじっと見ていられる子っていないと思うので、触っても止まらないのは助かるポイントでした。

 

DWEのトークアロングカードのまとめ

  • 510枚のカード(3000以上のフレーズ含む)
  • 録音機能が付いている
  • 1枚に複数の文章が入っているカードもある
  • 子供がカードを引き抜いても音声が流れ続けてくれる
  • 会員であれば保証対象の教材

こんな感じでトークアロングカードは量が多いですし、多機能なので毎日使えるアイテムです。

0歳から大きくなっても使えるので、子供に使いながら大人も一緒に単語の勉強ができます。

-ディズニー英語システム