ディズニー英語システム

ディズニー英語システム(DWE)の効果

DWE(ディズニー英語システム)を使ってみて感じた効果についてまとめてみました。

使い始めて10か月ほど経って効果がかなり出てきて慣れてきたのもあって、日々楽しく使っています。

この記事では

  • 3歳までが最も効果が大きい
  • 大人にも効果がある
  • ベッドタイムレビューの効果
  • 日々の効果・成長レポート

について記載しています。

 

ディズニー英語システムの効果は3歳までが最も大きい

英語教育は何歳から始めるのか賛否両論で、3歳くらいからを推奨している物もありますがDWEは3歳までに始める事を推奨しています。

その理由は赤ちゃんははじめ、喃語で「あーあー」という意味のない言葉を発します。

日本語だけで育つ子供の場合は3歳までに喃語だった言葉を日本語の108音に当てはめていきます。

それに比べて英語は1,808音あるのですが、日本語を身に付けてからだと108音しか聞いてないので大人になった時に英語の発音が難しくなります。

その為、言葉を話し始めるまでが語学の習得としては重要な時期になってきます。

話始める前に英語を聞かせるのは良くないという意見もありますが、親がもともと英語を話す人と日本語を話す人で子育てした場合どうでしょうか?

よくある環境ですし、普通にバイリンガルに育ちます。

 

ディズニー英語システムは大人にも効果はあるか

ディズニー英語システムのユーザーさんの中には、子供のために使っていたが教材を使っていた親も「一緒に英検1級取れちゃいました」という方もいました。

私も子供の教材を聞いていて最初は何言っているかわからない単語でしたが、聞いているうちにDWEの内容はわかるようになってきたので大人にも効果はあると思います。

大人が英語の勉強するためにDWEを購入するのではなく、あくまでも子供と一緒にやってたら身についたという位置で考えてください。

大人だけが英語を身に付けたいのであれば、スカイプなどでできるオンライン英会話がおすすめです。

レベルや、ビジネス英語など様々なジャンルが選択できますし、月々数千円で始める事ができるのでコスパがいいです。

 

ディズニー英語システム「ベッドタイムレビュー」の効果

正直ベッドタイムレビューの効果は現在そこまで感じていません。

うちの子の場合寝かしつけに苦労していなくて、ベッドに行って聞かせる時間がないのと、音が鳴っていると気になる性格らしく寝るのには微妙でした。

しかしなかなか寝ない時や、今日あんまりSingAlong見せてあげれなかったなって時に流すようにしています。

普通のSingAlongのCDを流すより、オルゴールバージョンなのでベッドで聞くならこれの方がうるさくなく使いやすいので、寝るまでに時間がかかる子なら使った方がいいと思います。

 

ディズニー英語システムの効果レビュー

成長レポートでは「どんな感じで教材を使っているのか」「何を使っているか」「どんな効果が出たのか」について記事にしています。

0歳で効果

0歳の頃はとにかくプレイアロングの真似っこを沢山するようになりました。

大嫌いなチャイルドシートもDWEを見せておくと大人しく乗ってくれるようにもなりました。

1歳での効果

1歳以降でのDWEの効果についてレポートしています。

1歳になるとどんどんできる事が増えてきて0歳の頃よりも理解している単語が増えました。

 

ディズニー英語システム効果のまとめ

3歳までの言葉を話し始める前に語学教育は始めた方が良いですし、この時期が最も効果が出やすいです。

一緒に使っている大人にも多少なりとも効果があると感じていますし、中には一緒に英検を受けに行く親御さんもいるそうです。

ベッドタイムレビューの効果は寝かしつけの時間がかかる人は使うといいと思いますが、すぐ寝てしまう子にはそんなに使えません。

日々の効果・成長レポートは0歳の時は真似が多かったが1歳になって言葉を理解している事がかなり増えました。

-ディズニー英語システム